アーカイブ

アーカイブ ノードは、オブジェクト データを長期保管用に外部アーカイブ ストレージ システム(テープまたはクラウド)に送信するためのインターフェイスを提供します。

データ フロー

オブジェクト データのコピーをアーカイブするようにILMポリシーで規定されている場合、CMSサービスからアーカイブ ノードに要求が送信され、アーカイブ ノードから対象のアーカイブ ストレージ システムにオブジェクト データが送信されます。
説明が付随しているプロセスを示す図

  1. CMSサービスからARCサービスに要求が送信され、アーカイブ メディアにコピーを格納するように指示されます。
  2. ARCサービスから、ADCサービスを照会することで最適なソースの場所が特定され、そのソースLDRサービスに要求が送信されます。
  3. ARCサービスにより、LDRサービスからオブジェクト データが読み出されます。
  4. ARCサービスから対象のアーカイブ メディアにオブジェクト データが送信されます。
  5. アーカイブ メディアからARCサービスに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  6. ARCサービスからCMSサービスに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  7. CMSサービスからDDSサービスに、オブジェクトの場所を示すメタデータが送信されます。

アーカイブに関連する属性

次の表に、対象の外部アーカイブ ストレージ システムへのオブジェクト データの送信の追跡に使用される主な属性を示します。

コンポーネント 属性の変化
ARC > Store
注:StorageGRID Webscaleシステムでは、アーカイブ ノードに接続されている使用可能なストレージの容量は検出できません。
Active Objects(AROP):アーカイブ ストレージ システムに書き込み中のオブジェクト データのコピーの数が、オブジェクトのアーカイブの処理中は1つ増え、オブジェクトのアーカイブが完了すると1つ減ります。

Archived Objects(AROA):このARCサービスによってアーカイブ ストレージ システムに書き込まれたオブジェクト データのコピーの合計数が1つ増えます。

Archived Bytes(ARBA):アーカイブ ストレージ システムに書き込まれたコンテンツの合計が、オブジェクトのサイズに相当する分だけ増えます。

ARC > Replication Inbound Replications Completed(RIRC):デスティネーションARCサービスにレプリケートされたオブジェクト データのコピーの合計数が1つ増えます。
LDR > Storage Objects Retrieved(ORET):ソースLDRのストレージ システムから読み出された永続的なオブジェクトの数が、このソースLDRからアーカイブ ノードにオブジェクトがレプリケートされるたびに1つずつ増えます。
LDR > Replication Outbound Replications – Completed(RORC):ソース ストレージ ノードからレプリケートされたオブジェクト データのコピーの合計数が、このソース ストレージ ノード サービスからアーカイブ ノードにオブジェクトがレプリケートされるたびに1つずつ増えます。