アイドルHTTP接続を開いておくメリット

クライアント アプリケーションがアイドル状態のときもHTTP接続を開いておくと、クライアント アプリケーションで以降のトランザクションが発生したときに、それらの開いている接続を使用して実行することができます。ネットアップでは、HTTP接続を開いておく時間は10分までにすることを推奨します。アイドル状態のまま10分以上開いていたHTTP接続は、LDRサービスによって自動的に閉じられることがあります。

アイドルHTTP接続を開いておくと、次のようなメリットがあります。

アイドル接続を開いておく適切な時間は、既存の接続のスロー スタートから得られるメリットと内部システム リソースへの理想的な接続の割り当ての適度なバランスによって決まります。