PUT Bucket last access time要求

PUT Bucket last access time要求を使用すると、最終アクセス時間の更新を個々のバケットで有効または無効にできます。最終アクセス時間の更新を無効にするとパフォーマンスが向上します。バージョン10.3.0以降で作成されたバケットに対しては、いずれもデフォルトで無効になります。

バケットの最終アクセス時間の設定を有効または無効にするには、バケットに対するs3:PutBucketLastAccessTime権限が必要です。

注:StorageGRID Webscaleバージョン10.3以降では、すべての新規バケットで最終アクセス時間の更新がデフォルトで無効になります。以前のバージョンのStorageGRID Webscaleで作成されたバケットにこの新たなデフォルトの動作を適用する場合は、対象となるバケットごとに最終アクセス時間の更新を無効にする必要があります。最終アクセス時間の更新を有効または無効にするには、PUT Bucket last access time要求、テナント管理インターフェイス[S3] > [Buckets] > [Change Last Access Setting]チェック ボックス、またはテナント管理APIを使用します。

バケットで最終アクセス時間の更新が無効になっている場合、バケットの処理の動作は次のようになります。

要求

要求のHTTPヘッダー 説明
Authorization 要求に使用するAWS署名とアカウントのアクセス キーIDを示します。
Date 要求の日付と時刻です。
Host 要求の転送先のホスト名です。

要求例

バケットでの最終アクセス時間の有効化

PUT /bucket?x-ntap-sg-lastaccesstime=enabled HTTP/1.1
Date: Sat, 29 Nov 2015 01:02:17 GMT
Authorization: AWS 9MOYPG9ACWPAJA1S72R5:jUGbYkLdBApjCWBgK4TxvOjfock=
Host: test.com

バケットでの最終アクセス時間の無効化

PUT /bucket?x-ntap-sg-lastaccesstime=disabled HTTP/1.1
Date: Sat, 29 Nov 2015 01:02:17 GMT
Authorization: AWS 9MOYPG9ACWPAJA1S72R5:jUGbYkLdBApjCWBgK4TxvOjfock=
Host: test.com