S3 APIエンドポイントのドメイン名の指定

S3仮想ホスト形式の要求をサポートするには、S3クライアントの接続先となるエンドポイントのドメイン名のリストを設定する必要があります。

開始する前に

タスク概要

APIエンドポイントのドメイン名は、DNSサーバで完全修飾ドメイン名を作成したあとに、S3クライアントの接続先のグリッド ノードに応じて設定します。
  • S3クライアントを1つ以上のAPIゲートウェイ ノードに接続する場合は、各APIゲートウェイ ノードのドメイン名を追加する必要があります。
  • S3クライアントを1つ以上のストレージ ノードに接続する場合は、各ストレージ ノードのドメイン名を追加する必要があります。
  • S3クライアントを外部のロード バランサ経由で接続する場合は、ロード バランサのドメイン名を追加する必要があります。

このリストが空の場合、S3仮想ホスト形式の要求のサポートは無効になります。

さらに、エンドポイントごと、および場合によってはIPアドレスごとに、StorageGRID Webscaleシステムのカスタム サーバ証明書でワイルドカードのSubject Alternative Name(SAN)を設定する必要があります。これらの手順は、APIクライアント アプリケーションからエンドポイントに接続する際のSSL証明書の検証とホスト名の確認で必要になります。

手順

  1. [Configuration] > [Domain Names]を選択します。
    [Endpoint Domain Names]ページが表示されます。

    [Endpoint Domain Names]ダイアログ ボックスのスクリーンショット

  2. [+]アイコンを使用してフィールドを追加し、[Endpoint number]フィールドにS3 APIエンドポイントのドメイン名のリストを入力して[Save]をクリックします。
    Warning:ドメイン名の設定は、グリッドのアップグレードの進行中は変更しないでください。