クライアント アプリケーションでのHTTP接続の使用

クライアント アプリケーションでは、HTTP接続を使用してStorageGRID Webscaleシステムにアクセスし、通信を行います。

クライアント アプリケーションは、APIゲートウェイ ノードまたはストレージ ノードに直接接続してオブジェクトを格納したり読み出したりします。取り込みの負荷をストレージ ノード間で分散するには、負荷分散を実施するAPIゲートウェイ ノードに接続します。負荷を分散しない場合は、ストレージ ノードに直接接続します。

注:IPv6は、APIゲートウェイ ノード経由のクライアント アプリケーション接続でのみサポートされます。

クライアント アプリケーションからストレージ ノードのS3ポートに「OPTIONS /」HTTPS要求を発行(S3認証クレデンシャルは不要)して、LDRサービスが使用可能かどうかを確認できます。この要求は監視に使用できるほか、外部のロード バランサがストレージ ノードの停止を特定する目的でも使用できます。

クライアント アプリケーションへの接続を設定するには、次のタスクを実行します。