PUT(コンテナ整合性)要求

PUT(コンテナ整合性)要求では、コンテナに対して実行される処理に適用する整合性レベルを指定できます。

要求

要求のHTTPヘッダー 説明
X-Auth-Token 要求に使用するアカウントのSwift認証トークンを指定します。
x-ntap-sg-consistency コンテナに対する処理に適用される整合性制御レベルを指定します。サポートされる値は次のとおりです。
  • all:最高レベルの整合性が保証されます。すべてのノードが即座にデータを受け取り、できない場合は要求が失敗として処理されます。
  • strong-global:すべてのサイトにおけるすべての処理について、リードアフターライト整合性が保証されます。
  • strong-site:単一のサイトにおけるすべての処理について、リードアフターライト整合性が保証されます。
  • weak:可用性は最も高くなりますが、整合性は保証されず、データ保護の保証レベルが低下します。
  • default:結果整合性と高可用性が確保され、データ保護が保証されます。
Host 要求の転送先のホスト名です。

要求の例

PUT /v1/28544923908243208806/<Swift container> HTTP/1.1
x-ntap-sg-consistency: strong-site
X-Auth-Token: SGRD_3a877009a2d24cb1801587bfa9050f29
Host: test.com

応答

応答のHTTPヘッダー 説明
Date 応答の日付と時刻です。
Connection サーバへの接続が開いているかどうかを示します。
X-Trans-Id 要求の一意のトランザクション識別子。
Content-Length 応答の本文の長さです。

応答の例

HTTP/1.1 204 No Content
Date: Sat, 29 Nov 2015 01:02:18 GMT
Connection: CLOSE
X-Trans-Id: 1936575373
Content-Length: 0