StorageGRID WebscaleでのOpenStack Swift APIのサポート

OpenStack SwiftのRepresentational State Transfer Application Programming Interface(REST API)がサポートされているため、OpenStack Swift向けに開発されたクライアント アプリケーションから、StorageGRID Webscaleシステムでオブジェクトの格納と読み出しを行うことができます。このAPIがStorageGRID Webscaleでどのように実装されているかを理解しておけば、APIを使用する際に役立ちます。

StorageGRID Webscaleでは、次のバージョンがサポートされています。

項目 バージョン
Swiftの仕様 OpenStack Swift Object Storage API v1(2015年11月現在)
HTTP 1.1

HTTPの詳細については、HTTP/1.1(RFC 2616)を参照してください。