検索統合用のXMLの設定

検索統合サービスを設定するには、一連のルールを<MetadataNotificationConfiguration></MetadataNotificationConfiguration>タグを使用して指定します。各ルールは、ルールが適用されるオブジェクト、およびStorageGRID Webscaleからそのオブジェクトのメタデータを送信するデスティネーションを指定します。

オブジェクトはオブジェクト名のプレフィックスでフィルタリングできます。たとえば、プレフィックスが「\images」のオブジェクトのメタデータをあるデスティネーションに送信し、プレフィックスが「\videos」のオブジェクトのメタデータを別のデスティネーションに送信できます。プレフィックスが重複する設定は無効で、送信時に拒否されます。たとえば、プレフィックスが「test」のオブジェクト用のルールとプレフィックスが「test2」のオブジェクト用のルールを含む設定は許可されません。

デスティネーションは、検索統合サービス用に作成されたStorageGRID WebscaleエンドポイントのURNを使用して指定する必要があります。これらのエンドポイントは、Elasticsearchクラスタ上に定義されているインデックスとタイプを参照します。

<MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Rule-1</ID>
        <Status>rule-status</Status>
        <Prefix>key-prefix</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:region:account-ID:domain/mydomain/myindex/mytype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
    <Rule>
        <ID>Rule-2</ID>
         ...
    </Rule>
     ...
</MetadataNotificationConfiguration>

次の表は、メタデータ通知設定XMLの要素を示しています。

名前 説明 必須
MetadataNotificationConfiguration

メタデータ通知でオブジェクトとデスティネーションの指定に使用されるルール用のコンテナ タグ。

1つ以上のルール要素が含まれています。

Rule

指定したインデックスにメタデータを追加する必要があるオブジェクトを特定するルール用のコンテナ タグ。

プレフィックスが重複しているルールは拒否されます。

MetadataNotificationConfiguration要素に含まれています。

ID

ルールの一意の識別子。

Rule要素に含まれています。

×
Status

Statusには「Enabled」または「Disabled」を指定できます。無効になっているルールについては操作が実行されません。

Rule要素に含まれています。

Prefix

このプレフィックスと一致するオブジェクトにルールが適用され、そのメタデータが指定したデスティネーションに送信されます。

すべてのオブジェクトを対象にする場合は、空のプレフィックスを指定します。

Rule要素に含まれています。

Destination

ルールのデスティネーション用のコンテナ タグ。

Rule要素に含まれています。

Urn
オブジェクト メタデータが送信されるデスティネーションのURN。次のプロパティを持つStorageGRID WebscaleエンドポイントのURNを指定する必要があります。
  • 「es」を3番目の要素にする必要があります。
  • URNの末尾に、メタデータが格納されるインデックスとタイプを、「domain-name/myindex/mytype」の形式で指定する必要があります。
エンドポイントは、テナント管理インターフェイスまたはテナント管理APIを使用して設定されます。形式は次のとおりです。
  • arn:AWS ES:regionaccount-ID:domain/mydomain/myindex/mytype
  • urn:「mysite」: es:::mydomain/myindex/mytype

エンドポイントは設定XMLを送信する前に設定する必要があります。そうしないと、404エラーで設定が失敗します。

UrnはDestination要素に含まれています。

サンプルのメタデータ通知設定XMLは、独自のXMLの構築方法をより詳しく理解するのに役立ちます。

すべてのオブジェクトに適用されるメタデータ通知設定

この例では、すべてのオブジェクトのオブジェクト メタデータが同じデスティネーションに送信されます。
 <MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Rule-1</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix></Prefix>
        <Destination>
           <Urn>urn:myes:es:::sgws-notifications/test1/all</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
</MetadataNotificationConfiguration>

2つのルールを含むメタデータ通知設定

この例では、プレフィックス/imagesに一致するオブジェクトのオブジェクト メタデータが1つ目のデスティネーションに送信され、プレフィックス/videosに一致するオブジェクトのオブジェクト メタデータが2つ目のデスティネーションに送信されます。
<MetadataNotificationConfiguration>
    <Rule>
        <ID>Images-rule</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix>/images</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:us-east-1:3333333:domain/es-domain/graphics/imagetype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
    <Rule>
        <ID>Videos-rule</ID>
        <Status>Enabled</Status>
        <Prefix>/videos</Prefix>
        <Destination>
           <Urn>arn:aws:es:us-west-1:22222222:domain/es-domain/graphics/videotype</Urn>
        </Destination>
    </Rule>
</MetadataNotificationConfiguration>

バケットの検索統合の無効化

バケットの検索統合を無効にする方法は2つあります。S3 APIを直接使用している場合は、『S3実装ガイド』で示すように、DELETE Bucketメタデータ通知要求を使用できます。テナント管理インターフェイスを使用している場合は、[S3] > [Buckets]に移動して検索統合設定XMLを削除できます。