損失オブジェクトと欠落オブジェクトのカウントのリセット

StorageGRID Webscaleシステムを調査し、記録されたすべての損失オブジェクトが完全に失われていること、または誤ったアラームであることを確認できたら、Lost Objects属性の値を0にリセットできます。

開始する前に

タスク概要

Lost Objects属性は次のどちらかのページに表示されます。
  • [Grid] > [site] > [Storage Node] > [LDR] > [Data Store] > [Overview] > [Main]ページ
  • [Grid] > [site] > [Storage Node] > [DDS] > [Data Store] > [Overview] > [Main]ページ

ここでは、[LDR] > [Data Store]ページの例を示しています。

手順

  1. [Grid]を選択します。
  2. [Site] > [Storage Node] > [LDR] > [Data Store] > [Configuration]を選択し、LOST(Lost Objects)アラームが生成されたストレージ ノードのページを開きます。
  3. [Reset Lost Objects Count]を選択します。
    LDRの[Reset Lost Objects Count]のスクリーンショット
  4. [Apply Changes]をクリックします。
    Lost Objects属性が0にリセットされ、LOST(Lost Objects)アラームが解除されます。[Apply Changes]をクリックしてから、Lost Objects属性がリセットされてアラームが解消されるまでに、少し時間がかかることがあります。
  5. 必要に応じて、損失オブジェクトを特定するプロセスで増分された可能性のある、その他の関連属性の値をリセットできます。
    1. [Site] > [Storage Node] > [LDR] > [Erasure Coding] > [Configuration]を選択します。
    2. [Reset Reads Failure Count]および[Reset Corrupt Copies Detected Count]を選択し、[Apply Changes]をクリックします。
    3. [Site] > [Storage Node] > [LDR] > [Verification] > [Configuration]を選択します。
    4. [Reset Missing Objects Count]および[Reset Corrupt Objects Count]を選択し、[Apply Changes]をクリックします。
    [Apply Changes]をクリックしてから属性がリセットされるまでに、少し時間がかかることがあります。