ログ ファイルとシステム データの収集

問題のトラブルシューティング用に、StorageGRID Webscaleシステムのログ ファイルとシステム データ(設定データを含む)を収集することができます。この情報はグリッド管理インターフェイスを使用して取得します。

開始する前に

タスク概要

グリッド管理インターフェイスを使用して、選択した期間について任意のグリッド ノードからログ ファイル、システム データ、および設定データを収集できます。収集されたデータは.tar.gzファイルにアーカイブされ、ローカル コンピュータにダウンロードできます。

アプリケーション ログ ファイルはかなり大きくなる可能性があるため、アーカイブされたログ ファイルのダウンロード先ディレクトリには1GB以上の空きスペースが必要です。

手順

  1. [Maintenance] > [Logs]を選択します。

    ログ収集用のUIのスクリーンショット
  2. グリッド トポロジ ツリーを使用して、ログ ファイルを収集するグリッド ノードを選択します。
    ログ ファイルはグリッド全体またはデータセンター サイト全体から収集できます。希望する項目のチェック ボックスをオンにしてください。
  3. [Start Time][End Time]を選択して、ログ ファイルに収集するデータの期間を設定します。
    非常に長い期間を選択したり、大規模なグリッド内のすべてのノードからログを収集すると、ログ アーカイブが大きくなりすぎてノードに格納できなかったり、ダウンロード用にプライマリ管理ノードに保存できなくなったりすることがあります。その場合は、より小さなデータ セットを使用してログ収集を再開する必要があります。
  4. 必要に応じて、収集するログ ファイルに関するメモを[Notes]テキスト ボックスに入力します。
    たとえば、ログ ファイルを収集する原因となった問題に関するサポート情報を入力します。入力したメモは、ログ ファイルの収集に関する他の情報とともに「info.txt」というファイルに追加されます。info.txtファイルはログ ファイルのアーカイブ パッケージに保存されます。
  5. StorageGRID Webscaleシステムのプロビジョニング パスフレーズを、[Provisioning Passphrase]テキスト ボックスに入力します。
  6. [Collect Logs]をクリックします。
    新しい要求を送信すると、以前に収集されたログ ファイルは削除されます。
    進行中のログ収集:スクリーンショット
    [Logs]ページを使用して、ログ ファイルの収集状況をグリッド ノードごとに監視できます。

    ログ サイズに関するエラー メッセージが表示された場合は、ログを収集する期間を短縮するか、またはノードの数を減らしてください。

  7. ログ ファイルの収集が完了したら[Download]をクリックします。
    .tar.gzファイルにはログ収集が成功したすべてのグリッド ノードのすべてのログ ファイルが含まれており、 グリッド ノードごとに1つのログ ファイルがアーカイブされています。

終了後の操作

必要であれば、ログ ファイルのアーカイブ パッケージはあとから再度ダウンロードできます。

[Delete]をクリックしてアーカイブ パッケージを削除し、ディスク スペースを解放することもできますが、この操作は必須ではありません。ログ ファイルの現在のアーカイブ パッケージは、次回ログ ファイルを収集すると自動的に削除されます。