オブジェクト データの損失と欠落

読み出しはさまざまな理由で試行されます。たとえば、クライアント アプリケーションからの読み取り要求、レプリケートされたオブジェクト データのバックグラウンド検証、ILMルールによる再評価、ストレージ ノードのリカバリ時のオブジェクト データのリストアなどの目的で試行されます。

StorageGRID Webscaleシステムでは、オブジェクトのメタデータに記載されたオブジェクトの場所の情報を使用して、オブジェクトを読み出す場所を特定します。想定される場所でオブジェクトのコピーが見つからない場合、オブジェクトのコピーを複数保持するようにILMポリシーで設定されていれば、システム内の他の場所から別のコピーを読み出そうとします。この読み出しに成功すると、StorageGRID Webscaleシステムは欠落しているオブジェクトのコピーをそのコピーで置き換えます。アラームがトリガーされるかどうかは、欠落しているコピーの種類(イレイジャー コーディングまたはレプリケート)、および別のコピーを読み出して欠落しているコピーと置き換えることができるかどうかによって異なります。別のコピーを読み出せない場合は、オブジェクトの損失とみなされ、LOST(Lost Objects)アラームがトリガーされます。LOST(Lost Objects)アラームはすべてすぐに調査して損失の根本原因を特定し、オフラインなどの何らかの理由で現在使用できないストレージ ノードやアーカイブ ノードにオブジェクトが残っていないかどうかを確認する必要があります。

イレイジャー コーディング コピーについては、想定される場所からコピーを読み出せない場合、他の場所からの読み出しが試行される前に「Corrupt Copies Detected(ECOR)」属性の値が1つ増分されます。他のコピーが見つからない場合は、レプリケート オブジェクト データの場合と同様に、LOST(Lost Objects)アラームがトリガーされます。

コピーがないオブジェクト データが失われた場合、リカバリする方法はありません。この場合の唯一の対処方法は、DDSサービスまたはLDRサービスでLost Object属性をリセットし、LOST(Lost Objects)アラームを解除することです。既知のLOSTアラームを解除しておけば、新しいLOSTアラームが発生したときに見落としを防ぐことができます。