レプリケーションのキューのトラブルシューティング

取り込み速度が上がり、LDRサービスやCMSサービスの処理が追いつかなくなると、取り込みやILMルールによる評価を待つ保留中の処理の数が増えていきます。

このような傾向は、StorageGRID Webscale環境で、システムに取り込まれるオブジェクト数の増加につながる何らかの変化があったことを示唆しています。たとえば、新しいクライアント アプリケーションでオブジェクトの取り込みが開始された場合や、 従来のデータをStorageGRID Webscaleシステムに移行している場合などが考えられます。データの移行中は、キューが増大して処理が中断されることがあります。データの移行の管理に関するガイドラインについては、『管理者ガイド』を参照してください。

キューに関するアラームについては、重大度がNoticeの段階で早めに対処することを推奨します。次の図は、取り込みとレプリケーションのキューが増大し、アラームがトリガーされる可能性がある状況を示しています。