取り込みと読み出しのテストの実行

取り込みと読み出しのパフォーマンスの問題をトラブルシューティングする際は、実際のクライアント アプリケーションの代わりにワークステーションを使用して簡単なテストを実行し、テストにおける保存と読み出しのパフォーマンスをクライアント アプリケーションでの通常時のパフォーマンスと比較して分析できます。

監査ログの情報から、グリッドでの処理の実行時間を特定できることがあります。たとえば、グリッドにおけるS3の読み出し処理の所要時間を特定するには、監査メッセージSGETのTIME属性の値を確認します。監査ログでは、次の処理について対応するTIME属性を確認できます。

詳細については、『Audit Message Reference』を参照してください。