SMTTアラームのトラブルシューティング

Total Events(SMTT)アラームがストレージ ノードに表示される場合、プラットフォーム サービス メッセージを配信できないエラーに関連している可能性があります。

タスク概要

プラットフォーム サービス メッセージを配信できない

プラットフォーム サービス メッセージのデスティネーションでメッセージの受信を妨げる問題が発生した(たとえば、デスティネーションでクレデンシャルが更新されたためStorageGRID Webscaleがデスティネーション サービスを認証できなくなった)場合、バケットに対する処理は成功しますが、プラットフォーム サービス メッセージは配信されません。

この場合、Total Events(SMTT)アラームと問題について説明するエラー メッセージが[site] > [Storage Node] > [SSM] > [Events] > [Last Event]に表示されます。

問題を修正し、[site] > [Storage Node] > [SSM] > [Events] > [Configuration] > [Alarms]でイベント数をリセットしてください。

プラットフォーム サービス メッセージが配信されていないオブジェクトについてテナントに通知します。イベント メッセージは/var/local/log/bycasterr.logに記録されています。

テナントでは、オブジェクトのメタデータまたはタグを更新することで、失敗したレプリケーションまたは通知をトリガーできます。既存の値を再送信すると、不要な変更を回避できます。

S3マルチパート アップロードが成功する

プラットフォーム サービスがS3バケット用に設定されている場合は、関連するレプリケーションまたは通知メッセージを設定済みのエンドポイントに配信できなくてもS3マルチパート アップロードが成功します。

この状況が発生すると、グリッド管理インターフェイスでTotal Events(SMTT)のアラームが生成されます。[Grid] > [site] > [Storage Node] > [SSM] > [Events]のLast Eventメッセージに、通知が失敗した最後のオブジェクトについて、「Failed to publish notifications for bucket-name object keyと表示されます。イベント メッセージは、次のファイルにも記録されます。 /var/local/log/bycasterr.log

テナントでは、オブジェクトのメタデータまたはタグを更新することで、失敗したレプリケーションまたは通知をトリガーできます。既存の値を再送信すると、不要な変更を回避できます。