カスタムsyslogイベントの作成

カスタム イベントでは、カーネル、デーモン、エラーとクリティカルのレベルのユーザ イベントなど、syslogに記録されるすべてのイベントを追跡できます。カスタム イベントは、[SSM] > [Events]コンポーネントでデフォルトでキャプチャされないシステム ログ メッセージ(ネットワーク セキュリティ イベントやハードウェア障害)の発生を監視するのに役立ちます。

開始する前に

タスク概要

繰り返し発生する問題については、カスタム イベントを作成して監視することを検討してください。カスタム イベントを使用する際は、次の点を考慮する必要があります。

手順

  1. [Configuration] > [Events]を選択します。
  2. 通知を停止するメーリング リストの横にある[Edit]鉛筆のアイコン)または[Insert]プラス アイコン:最初のイベントではない場合)をクリックします。
  3. カスタム イベントの文字列を入力します(例:shutdown)。

    カスタム イベントの文字列の入力場所を示すスクリーンショット
  4. [Apply Changes]をクリックします。
  5. [Grid]を選択します。
  6. [grid node] > [SSM] > [Events] > [Overview] > [Main]を選択します。
  7. [System Events]で、[Custom Events]の[Count]を監視します。

    SSMのイベントの概要ページ
    カウントが増えていれば、そのグリッド ノードで監視中のカスタム イベントがトリガーされています。