エスカレーションに必要な情報のチェックリスト

自分で問題を解決できない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。テクニカル サポートに連絡する前に、次の表に記載された問題解決に必要な情報を用意してください。


チェックマーク
項目 メモ
  問題点 問題の現象と 発生状況を確認します。
  影響の評価 問題の重大度を確認します。
  グリッドID [Configuration] > [Grid Options] > [Overview]をクリックして、グリッドIDを確認します。
  ソフトウェア バージョン [Help] > [About]をクリックして、StorageGRID Webscaleのバージョンを確認します。
  カスタマイズ StorageGRID Webscaleシステムの設定をまとめます。たとえば、ストレージ圧縮、ストレージ暗号化、コンテンツ保護オプション、アーカイブ ターゲット、メタデータ デュアル コミット、コンテンツ デュアル コミットなどの使用状況をリストします。
  グリッド仕様ファイルのコピー StorageGRID Webscaleシステムから最新バージョンをコピーすることによって、グリッド仕様ファイルの現在のバージョンのコピーを作成します。[Configuration] > [Grid Options] > [Configuration]を参照します。詳細については、『管理者ガイド』を参照してください。
注:これはグリッド仕様ファイルのコピーであり、実際のグリッド仕様ファイルではありません。このコピーはトラブルシューティングの目的でのみ使用されます。StorageGRID Webscaleシステムのプロビジョニングには使用できません。
  ベースライン情報 取り込み処理、読み出し処理、およびストレージ消費量に関するベースライン情報を収集します。
  最近の変更 システムや環境に対して最近行った変更をまとめます。