StorageGRID Webscaleアップグレード ファイルのダウンロードと展開

StorageGRID Webscaleシステムをアップグレードするためには、ソフトウェアをダウンロードする必要があります。

タスク概要

OS環境に関係なく、StorageGRID Webscaleのアップグレード パッケージをサービス ラップトップにダウンロードする必要があります。
  • NetApp_StorageGRID_version_Software_uniqueID.upgrade
StorageGRID WebscaleシステムがRed Hat Enterprise Linuxホストに導入されている場合は、次のどちらかのStorageGRID Webscaleインストール ファイルもダウンロードする必要があります。
  • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz
  • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
サービス ラップトップでWindowsを実行している場合は、.zipファイルを使用します。

手順

  1. ネットアップ サポート サイトのソフトウェア ダウンロード ページに移動します。
  2. ネットアップ アカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。
  3. [StorageGRID Webscale]までスクロールし、[All Platforms]を選択して[Go]をクリックします。
    注:[StorageGRID]ではなく必ず[StorageGRID Webscale]を選択してください。
  4. StorageGRID Webscaleのリリースを選択し、[View & Download]をクリックします。
  5. ページの[Software Download]セクションで、[CONTINUE]をクリックし、エンド ユーザ ライセンス契約に同意します。
  6. 適切なアーカイブをダウンロードします。
  7. StorageGRID WebscaleシステムがRed Hat Enterprise Linuxホストに導入されている場合は、次の手順も完了する必要があります。
    1. 次のどちらかのRed Hat Enterprise Linux用StorageGRID Webscaleインストール ファイルをダウンロードします。
      • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz
      • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
    2. インストール ファイルからRPMパッケージを展開します。
    3. インストール ガイド』の「StorageGRID Webscaleホスト サービスのインストール」の説明に従って、すべてのRed Hat Enterprise LinuxホストにRPMパッケージをインストールします。
      注:これらの手順はアップグレードを実行する前に完了しておく必要があります。