グリッド管理APIの変更点

StorageGRID Webscale 11.0は、バージョン2のグリッド管理APIをサポートしています。バージョン2のグリッド管理APIでは、管理APIのバージョン1が廃止されています。

重要:バージョン1のグリッド管理APIを引き続きStorageGRID Webscale 11.0で使用することはできますが、このバージョンのAPIのサポートは今後のStorageGRID Webscaleリリースでは終了します。バージョン1のAPIをまだ使用している場合は、StorageGRID Webscale 11.0にアップグレードしたあとに、バージョン2を使用するようにすべての管理APIクライアントを更新し、 その後バージョン1のサポートを非アクティブ化する必要があります。グリッド管理APIの詳細については、『StorageGRID Webscale管理者ガイド』を参照してください。

APIエラー データをHTML形式で返せるようになりました

これまでは、API要求のAcceptヘッダーに指定した形式にかかわらず、エラー データは常にJSON形式で返されていました。今後は、優先する形式としてHTMLを指定すれば、エラー データはHTML形式で返されます。

クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)を防止するためにAuth APIに変更が加えられました

Authorize APIに新しいオプションのパラメータcsrfTokenが追加されました。このパラメータがtrueの場合、サインイン時にCSRFトークンが必要になります。

csrfTokenは、グリッド管理インターフェイスまたはテナント管理インターフェイスを使用してサインインするとtrueに設定されます。これらのStorageGRID Webscale管理ユーザ インターフェイスとクッキーを共有するアプリケーションは、この変更の影響を受ける可能性があります。詳細については、『管理者ガイド』の「クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)の防止方法」を参照してください。