ソフトウェア アップグレード前のシステム状態の確認

StorageGRID Webscaleシステムをアップグレードする前に、システムがアップグレードできる状態にあることを確認する必要があります。システムが正常に稼働し、すべてのグリッド ノードが動作している必要があります。

手順

  1. サポートされているブラウザを使用してグリッド管理インターフェイスにログインします。
  2. アクティブなアラームがないかを確認し、ある場合は解決します。
    特定のアラームの詳細については、『トラブルシューティング ガイド』を参照してください。
  3. [Grid] > [Site] > [primary Admin Node] > [CMN] > [Grid Tasks] > [Configuration]を選択し、競合するグリッド タスクがアクティブまたは保留中でないことを確認します。

    情報ライフサイクル管理評価(ILME)タスクだけは例外です。このグリッド タスクは、ソフトウェアのアップグレードと同時に実行できます。

    他のグリッド タスクがアクティブまたは保留中の場合は、それらが終了するまで、またはロックが解放されるまで待ちます。詳細については、『管理者ガイド』を参照してください。

    注:タスクが終了しない、またはロックが解放されない場合は、テクニカル サポートに連絡してください。
  4. 必要に応じて、アクティブ ポリシーの一部ではなくなった古いILMルールを作成し直すか、削除します。

    古いILMルールは、バージョン10.3より前のバージョンで作成されたルールです。StorageGRID Webscale 11.0にアップグレードする前にこれらのルールを作成し直す必要はありません。古いルールが含まれているアクティブ ポリシーはアップグレード後も機能します。詳細については、「古いILMルールの管理」を参照してください。

    注:古いルールの再作成または削除は、アップグレードの完了後に実行することを推奨します。バージョン11.0でルールを作成し直した場合、ILMシミュレーション機能を使用して新しいルールが想定どおりに動作することを確認できます。
  5. 社内のファイアウォール ルールで、ポート9999経由のトラフィックがすべてのノード間で許可されていることを確認します。
    StorageGRID Webscale 11.0では、管理ノードはPrometheus指標を取得するためにポート9999を使用してすべてのノードと通信します。ポート9999がブロックされていると一部の機能は機能しません。