アップグレードによるテナント アカウントへの影響

StorageGRID Webscaleの新しいバージョンにアップグレードする前に、テナント アカウントへの影響を理解しておく必要があります。

テナント アカウントでのプラットフォーム サービスの有効化

StorageGRID Webscale 11.0へのアップグレードが完了するまでは、プラットフォーム サービスを有効または使用しないでください。アップグレードが完了しないと、プラットフォーム サービスは完全に機能しません。

アップグレード前からあるテナント アカウントでは、プラットフォーム サービスは有効になっていません。これらのテナントでS3バケットのCloudMirrorレプリケーション、イベント通知、検索統合サービスを使用できるようにするには、各S3テナント アカウントを編集してプラットフォーム サービスを有効にする必要があります。グリッド管理インターフェイスを使用したテナント アカウントの編集については、『管理者ガイド』を参照してください。

プラットフォーム サービスの詳細については、『テナント管理者ガイド』を参照してください。

テナント ユーザおよびテナント グループの権限への変更点

StorageGRID Webscale 11.0では、テナント ユーザの次の管理権限が変更されています。テナント ユーザが以下のタスクを実行できるようにするには、Root Access権限を持つテナント ユーザが該当するグループの権限を更新する必要があります。

権限 説明
Manage all containers
  • S3テナント:[S3] > [Buckets]メニューへのアクセスを許可します。ユーザは、テナント管理インターフェイスまたはテナント管理APIを使用してテナント アカウントのすべてのS3バケットのバケット設定を管理できます。

    バケット設定には、最終アクセス日時、整合性レベル、および各プラットフォーム サービスを有効にするために必要な設定があります。

  • Swiftテナント:Swiftユーザに、テナント管理APIを使用してSwiftコンテナの整合性レベルを制御することを許可します。Manage all containers権限は、テナント管理APIを使用してSwiftグループに付与できます。
Manage endpoints

S3テナントのみ。ユーザに、テナント管理インターフェイスまたはテナント管理APIを使用してStorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスのデスティネーションとして使用するエンドポイントを作成または編集することを許可します。

この権限がないユーザには、[S3] > [Endpoints]メニュー オプションが表示されません。