古いILMルールの管理

StorageGRID Webscale 10.2以前を使って作成されたILMルールは、StorageGRID Webscale 10.4で廃止されました。お使いのStorageGRID Webscaleシステムにまだこれらの古いILMルールがある場合は、バージョン11.0にアップグレードしたあとの対応について理解しておく必要があります。

開始する前に

タスク概要

以下の条件は古いILMルール(10.3より前のバージョンで作成されたルール)に該当します。
  • 古いルールには、そのことを示す警告アイコン(警告アイコン)が表示されます。
  • アクティブ ポリシーで引き続き古いルールを使用することはできますが、ルールを変更することはできません。
  • アクティブ ポリシーにすでに含まれている古いルールは、新しいポリシーに追加できます。
  • アクティブ ポリシーにすでに含まれていない古いルールは、新しいポリシーに追加できません。古いルールが履歴ポリシーに含まれていても、同様に追加できません。
  • 古いルールをあるポリシーから削除したあとでそのポリシーをアクティブ化した場合、その後古いルールをそのポリシーに追加することはできません。
  • グリッド管理インターフェイスでは、古いルールにバージョン番号が表示されます。
    注:バージョン10. 3以降で作成されたルールにはすべて内部バージョン1.0が割り当てられ、バージョンは表示されません。
  • ポリシーに古いILMルールの複数のバージョンが含まれている場合があります(v1.0とv1.1両方のRule Aなど)。

StorageGRID Webscale 11.0にアップグレードしたあと、次の手順に従って古いルールを再作成するか削除してください。

手順

  1. 現在使用中の古いILMルールを特定し、それらのILMルールの設定をすべて記録します。
  2. Create New ILM Rulesウィザードを使用して、同等の設定で新しいILMルールを作成します。
    手順については、『管理者ガイド』の「ILMルールの設定」セクションを参照してください。
    注:1つの古いルールを複数の新しいルールと差し替えなければならない場合があります。バージョン10. 3でILMルールが変更された際に、一部のルール機能も変更されました。たとえば、1つのILMルールに複数のAPIを含めることはできなくなりました。
  3. 古いルールがアクティブ ポリシーで使用されている場合は、新しいドラフトILMポリシーを作成します。
    1. アクティブ ポリシーのクローンを作成します。
    2. 新しいILMルールを選択し、古いルールの選択を解除します。
    3. ドラフト ポリシーを保存します。
    4. 管理者ガイド』の手順に従い、新しいILMルールのテストに適した取り込み済みオブジェクトを使用してドラフト ポリシーをシミュレートします。
    5. ドラフト ポリシーをアクティブ化します。
  4. 使用されていない古いルールを再作成または削除します。
    アクティブなILMルール、またはドラフトILMポリシーで現在選択しているILMルールは削除できません。