オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング

アプライアンス ストレージ ノードの内部ポートを別の外部ポートに再マッピングすることが必要になる場合があります。たとえば、ファイアウォールの問題が原因でポートの再マッピングが必要になることがあります。

開始する前に

StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラに事前にアクセスしておきます。

手順

  1. StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラのメニュー バーで、[Configure Networking] > [Remap Ports]をクリックします。
    [Remap Port]ページが表示されます。
  2. [Network]ドロップダウン ボックスで、再マッピングするポートのネットワークを、[Grid]、[Admin]、[Client]から選択します。
  3. [Protocol]ドロップダウン ボックスで、IPプロトコルを[TCP]と[UDP]から選択します。
  4. [Remap Direction]ドロップダウン ボックスで、このポートで再マッピングするトラフィックの方向を、[Inbound]、[Outbound]、[Bi-directional]から選択します。
  5. [Original Port]で、再マッピングするポートの番号を入力します。
  6. [Mapped-To Port]で、代わりに使用するポートの番号を入力します。
  7. [Add Rule]をクリックします。
    新しいポート マッピングがテーブルに追加され、再マッピングがただちに有効になります。
    StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラの[Remap Ports]オプションを示すスクリーンショット
  8. ポート マッピングを削除するには、削除するルールのラジオ ボタンを選択し、[Remove Selected Rule]をクリックします。