LACP(Link Aggregation Control Protocol)(LCAP[リンク アグリゲーション制御プロトコル])

複数の物理ポートをバンドルして1つの論理チャネルを形成し、スループットを向上するための手法。一方のポートで障害が発生すると、もう一方のポートにフェイルオーバーして接続が継続されます。スループットは低下しますが、接続に影響が及ぶことはありません。

IEEE 802.3adとも呼ばれます。