SMBファイルシステムの追加

NAS Bridgeノードで公開されている共有にSMBクライアントをマウントする前に、1つ以上のSMBファイルシステムを追加する必要があります。

開始する前に

手順

  1. Webページの上部にある[Configuration]をクリックします。
  2. [SMB Filesystems]をクリックします。
  3. [Add]をクリックします。
  4. 導入計画とストレージ環境に応じて、すべての設定値を入力または選択します。
    • StorageGRID - StorageGRID Webscale APIゲートウェイ ノードのIPアドレスを選択します。
    • Bucket - StorageGRID Webscaleシステム内のバケットです。指定したバケットが存在しない場合は、NAS Bridgeがそのバケットを作成します。
    • Cache Device - このファイルシステムで使用するキャッシュ デバイスを選択します。
    • Active Directory
    • Share name
    • Owner - アクセス権限が付与された最初のユーザ。
    • Group - アクセス権限が付与された最初のグループ。
  5. [Save]をクリックします。
    処理が完了すると、新しいファイルシステムが、固有のIDおよびREADYステータスとともに表示されます。


    この図には説明が付随しています。

  6. 必要に応じて、共有自体に対する権限を使用して共有を保護します。
    注意:SMB共有では、デフォルトで、Everyone、CREATOR OWNER、CREATOR GROUP、Owner、Groupに権限が付与されます。必要とする共有のセキュリティ レベルを確保するには、次の手順に従う必要があります。
    1. エクスプローラから、\\my-nas-bridge\を開きます。
      エクスプローラにNAS BridgeのすべてのSMB共有が表示されます。
    2. SMB共有を右クリックし、[Properties]を選択します。
    3. [Security]タブで、必要なユーザとグループを追加または削除します。
      注意:すべてのユーザが共有にアクセスできるようにする場合を除き、ユーザEveryoneを削除します。
      注:実際のユーザ名ではなく、「S-1-5-32-544」のようにSID(セキュリティID)が表示される場合は、クライアント コンピュータを使用してDNS設定を確認します。


      SMB権限

    4. 必要な権限を各ユーザおよびグループに設定します。
    5. [Security]タブで、[Advanced]をクリックし、必要に応じて[Owner]を設定します。
      たとえば、次のように権限を設定することができます。
      • ユーザAにフル コントロールを付与し、ユーザBに読み取り / 書き込みアクセスを付与する。
      • グループXにフル コントロールを付与する。
      • ユーザAにフル コントロール、ユーザBに読み取り / 書き込みアクセス、Everyoneに読み取り専用アクセスを付与する。
  7. 完了したら、リカバリ パッケージをエクスポートします。
    1. [Maintenance] > [Recovery Package]の順に選択します。
    2. [Generate Package]をクリックします。
    3. テーブルからパッケージを選択し、[Download]をクリックして、ローカル ワークステーションにパッケージをダウンロードします。
    4. パッケージを安全な場所に保存します。
      このパッケージは、障害発生時にNAS Bridgeの構成をリカバリするために必要となります。