キャッシュ デバイスの削除

導入計画、クライアント アクティビティ、および全体的なシステム パフォーマンスによっては、NAS Bridgeキャッシュ デバイスの削除が必要になる場合があります。一般に、ファイルシステムに関連付けられていない、今後のファイルシステム用に計画されていないキャッシュ デバイスは、削除する必要があります。

開始する前に

キャッシュ デバイスを任意のファイルシステムと関連付けることはできません。

手順

  1. Webページの上部にある[Configuration]をクリックします。
  2. [Cache Devices]をクリックします。
  3. 削除するキャッシュ デバイスの行を選択し、[Remove]をクリックします。
    キャッシュ デバイスが、NAS Bridgeの構成から削除されます。
    注意:vSphereからハード ドライブを削除する必要もあります。削除しないと、ハード ドライブは引き続きNAS Bridgeの仮想マシンに関連付けられたままになります。
  4. 完了したら、リカバリ パッケージをエクスポートします。
    1. [Maintenance] > [Recovery Package]の順に選択します。
    2. [Generate Package]をクリックします。
    3. テーブルからパッケージを選択し、[Download]をクリックして、ローカル ワークステーションにパッケージをダウンロードします。
    4. パッケージを安全な場所に保存します。
      このパッケージは、障害発生時にNAS Bridgeの構成をリカバリするために必要となります。