StorageGRID Webscaleゲートウェイ ノードの定義

StorageGRID Webscale APIゲートウェイ ノードを定義する必要があります。このノードでは、ストレージ クライアント データとメタデータ、およびNAS Bridge設定データを保持しているグリッド内のS3バケットにアクセスすることができます。

開始する前に

次の情報が必要です。

タスク概要

NAS Bridgeが一度に接続できるStorageGRID Webscale APIゲートウェイ ノードは1つだけです。
注意:StorageGRID Webscaleのグリッド ノードをアップグレードする際に、NAS Bridge用のAPIゲートウェイ ノードが一時的に使用できなくなります。NFSクライアントとSMBクライアントがデータへのアクセスを継続できるようにするには、プライマリAPIゲートウェイ ノードをアップグレードする前に、次の手順で代替のAPIゲートウェイ ノードを指定して接続する必要があります。

手順

  1. Webページの上部にある[Configuration]をクリックします。
  2. ページ左側の[Object Store]にある[StorageGRID]をクリックします。
  3. 必要な設定情報を入力します。
    • Host name - APIゲートウェイ ノードのIPアドレスまたはドメイン名
    • Port - TCPポート(デフォルトは8082)
    • Account credentials - アクセス キーとシークレット キー
  4. [Save]をクリックします。