ブラウザ セッションのタイムアウト時間の変更

StorageGRID Webscaleシステムのブラウザベースのインターフェイスに対し、タイムアウト時間を指定できます。指定したタイムアウト時間にわたってユーザが非アクティブな場合、StorageGRID Webscaleシステムがタイムアウトし、サインイン ページが表示されます。

開始する前に

タスク概要

[GUI Inactivity Timeout]のデフォルトは900秒(15分)です。
注:システムのセキュリティを維持するために、これとは別に各ユーザの認証トークンに対して固定のタイマーがあり、ユーザのログインから16時間後にタイムアウトします。この認証期限が過ぎたユーザは、[GUI Inactivity Timeout]の値に達していない場合も自動的にサインアウトされます。トークンを更新するには、再度サインインする必要があります。

手順

  1. [Configuration] > [Display Options]を選択します。
  2. [GUI Inactivity Timeout]に、60秒以上のタイムアウト時間を入力します。
    この機能を使用しない場合は、このフィールドを0に設定します。ユーザは、サインインしてから16時間後、認証トークンが期限切れになったときにサインアウトされます。
    [Display Options]ページ
  3. [Apply Changes]をクリックします。
    新しい設定は、現在サインインしているユーザには影響しません。新しいタイムアウト設定を有効にするには、ユーザが再度サインインするか、ブラウザを更新する必要があります。
  4. StorageGRID Webscaleシステムからサインアウトします。
  5. 再度サインインします。