グリッド全体のストレージ容量の監視

ダッシュボードには、グリッド全体および個々のデータセンターで使用可能なストレージ容量が表示されます。[Available Storage]グラフを使用して、StorageGRID Webscaleシステム全体のストレージ使用量を迅速に評価できます。マルチサイト グリッドの場合、サイト(データ センター)間でストレージ使用率を比較できます。

開始する前に

Grid Managerにはサポートされているブラウザを使用してサインインする必要があります。

手順

  1. [Dashboard]を選択します。
  2. [Available Storage]パネルで、空きストレージ容量と使用済みストレージ容量の全体的な概要を確認します。マルチサイト グリッドの場合は、各データセンターのグラフを確認します。
    注:アーカイブ メディアはこの概要に含まれません。


    グリッド管理インターフェイス ダッシュボードのスクリーンショット

  3. グラフの「Free」または「Used」セクションにカーソルを合わせて、正確な空きスペース量または使用済みスペース量を確認します。


    StorageGRID Webscaleのダッシュボードの空き容量 / 使用済み容量のグラフ

  4. グラフ(レポート)レポート アイコンをクリックし、ストレージ全体または個々のデータ センターの使用容量の推移を示すグラフを表示します。
    使用済みのストレージ容量の割合(%)と 時間を軸にしたグラフが表示されます。
    次の例では、使用可能なストレージ スペースが1カ月に約4%減少しており、このデータ センターのスペースはあと8カ月ほどでなくなると推定できます。


    一定期間の使用可能な合計スペースのグラフを示すスクリーンショット

  5. その他のストレージ属性を監視するには、次の手順を実行します。
    • [Nodes] > [storage node] > [Storage]を選択し、グラフと表を表示します。
    • テクニカル サポートから次のパスを使用するよう求められる場合があります:[Support] > [Grid Topology]を選択します。。次に、[StorageGRID Webscale Deployment] > [Overview] > [Main]を選択します。


    システム全体のストレージ容量:グリッド トポロジ ツリー

  6. システムの正常な運用を維持するには、使用可能なスペースを使い切る前に、ストレージ ノードを追加するか、ストレージ ボリュームを追加するか、オブジェクト データをアーカイブします。