バックグラウンド検証レートの設定

データ整合性に関する懸念事項がある場合は、バックグラウンド検証によってストレージ ノード上のレプリケート オブジェクト データをチェックするレートを変更できます。

開始する前に

タスク概要

ストレージ ノードに対するバックグラウンド検証の検証レートを変更できます。
  • Adaptive:デフォルト設定です。最大4MB/秒または10オブジェクト/秒(先に超過した方)で検証するようにタスクが設計されます。
  • High:ストレージ検証は高速で実行され、通常のシステム アクティビティのパフォーマンスが低下する可能性があります。

この設定は、ハードウェアまたはソフトウェアの障害により、オブジェクト データが破損している可能性がある場合にのみ使用します。優先度がHighのバックグラウンド検証が完了すると、[Verification Rate]は自動的に[Adaptive]にリセットされます。

手順

  1. [Support] > [Grid Topology]を選択します。
  2. [Storage Node] > [LDR] > [Verification]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。
  4. [LDR] > [Verification] > [Configuration] > [Main]の順に選択します。
  5. [Background Verification]で、[Verification Rate] > [High]または[Verification Rate] > [Adaptive]を選択します。

    [Verification Rate]の設定
    注:[Verification Rate]を[High]に設定すると、VPRI(Verification Rate)のNoticeレベルのアラームがトリガーされます。
  6. [Apply Changes]をクリックします。
  7. バックグラウンド検証の結果を確認します。
    1. [LDR] > [Verification] > [Overview] > [Main]の順に選択して、属性[Corrupt Objects Detected (OCOR)]を確認します。
      バックグラウンド検証でレプリケートされたオブジェクト データの破損が検出された場合は、属性[Corrupt Objects Detected]がその分だけ増分します。LDRサービスは、破損したオブジェクト データを隔離し、オブジェクト データの新しいコピーの作成を指示するメッセージをDDSサービスに送信して、この状況からリカバリします。新しいコピーは、アクティブなILMポリシーを満たしていれば、StorageGRID Webscaleシステム内のどこにでも作成できます。
    2. [LDR] > [Erasure Coding] > [Overview] > [Main]の順に選択して、「Corrupt Fragments Detected (ECCD)」属性を確認します。
      バックグラウンド検証でイレイジャー コーディング オブジェクト データの破損したフラグメントが検出された場合は、「Corrupt Fragments Detected」属性がその分だけ増分します。LDRサービスは、破損したフラグメントを同じストレージ ノード上に再構築して、この状況からリカバリします。
  8. レプリケート オブジェクト データが破損している場合は、テクニカル サポートに連絡して、隔離されたコピーをStorageGRID Webscaleシステムからクリアし、破損の根本原因を特定します。