移行データのILMポリシーの決定

StorageGRID WebscaleシステムのILMポリシーは、作成されるコピーの数とその格納先、および保持期間を決定します。ILMポリシーは、オブジェクトをフィルタリングする方法、および一定の期間にわたってオブジェクト データを管理する方法を記述した一連のILMルールで構成されます。

移行データの使用方法およびその要件によっては、日常業務に使用するILMルールとは別の、移行データに固有のILMルールが必要となる場合があります。たとえば、日常的なデータ管理と移行対象のデータに異なる規制要件が適用される場合、異なるグレードのストレージに異なる数の移行データのコピーが必要となる可能性があります。

移行データと日常業務で保存されるオブジェクト データを識別可能な場合は、移行データにのみ適用されるルールを設定できます。

いずれかのメタデータ条件を使用してデータのタイプを確実に識別できる場合は、その条件を使用して移行データにのみ適用されるILMルールを定義できます。

データ移行を開始する前に、StorageGRID WebscaleシステムのILMポリシーとそのポリシーが移行データにどのように適用されるかを確認し、ILMポリシーへの変更があればテストしておく必要があります。

注意:
ILMポリシーが正しく指定されていないと、回復不能なデータ損失が発生する可能性があります。ポリシーを想定どおりに機能させるには、ILMポリシーをアクティブ化する前に、ILMポリシーに加えたすべての変更をよく確認してください。