SNMPエージェントの有効化

StorageGRID WebscaleのSNMPエージェントはデフォルトでは無効になっており、IPv4およびIPv6のコミュニティ ストリングはランダムに生成されます。エージェントを有効にすると、コミュニティ ストリングを任意の文字列に設定できます。

手順

  1. サービス ラップトップから、プライマリ管理ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@primary_Admin_Node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. SNMPエージェントを有効にするには、/etc/default/snmpdを編集し、SNMPDRUN=noSNMPDRUN=yesに変更します。
  3. ランダムに生成されたコミュニティ ストリングを任意の文字列に変換するには、/etc/snmp/snmpd.confを編集し、rocommunityrocommunity6のランダムに生成されたコミュニティ ストリングを置き換えます。
  4. service snmpd restartと入力し、snmpdサービスを再起動します。