TSMミドルウェア接続用のアーカイブ ストアの設定

アーカイブ ノードがTSMミドルウェア サーバに接続している場合は、アーカイブ ノードのアーカイブ ストアの状態をオンラインまたはオフラインに設定できます。また、アーカイブ ノードの初回起動時にアーカイブ ストアを無効にしたり、関連するアラーム用に追跡されているエラー数をリセットすることもできます。

開始する前に

手順

  1. [Support] > [Grid Topology]を選択します。
  2. [Archive Node] > [ARC] > [Store]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。

    TSMミドルウェア接続用のアーカイブ ストアの設定
  4. 必要に応じて次の設定を変更します。
    • Archive Store State:コンポーネントの状態を次のいずれかに設定します。
      • Online:アーカイブ ノードはオブジェクト データを処理してアーカイブ ストレージ システムに格納できます。
      • Offline:アーカイブ ノードはオブジェクト データを処理してアーカイブ ストレージ システムに格納できません。

    • Archive Store Disabled on Startup:オンにすると、アーカイブ ストア コンポーネントは再起動後も読み取り専用のままになります。ターゲットのアーカイブ ストレージ システムへの格納を継続的に無効にする場合に使用します。ターゲットのアーカイブ ストレージ システムでコンテンツを受け入れられない場合に便利です。
    • Reset Store Failure Count:ストア障害のカウンタをリセットします。この設定を使用して、ARVF(Stores Failure)アラームをクリアできます。
  5. [Apply Changes]をクリックします。