すべてのノード タイプに共通なタブの表示

[Nodes]ページでは、すべてのノード タイプに対して、[Overview]、[Hardware]、[Network]、[Storage]、[Events]のタブを表示できます。

StorageGRID Webscaleシステムには、管理ノード、ストレージ ノードのほか、オプションでアーカイブ ノードとAPIゲートウェイ ノードが含まれます。

[Overview]タブの例

[Overview]タブには、ノードの名前、インストールされているソフトウェアのバージョン、未確認のアラームなど、各ノードの全般的な情報が表示されます。アラームがリストされている場合は、[Service]列のリンクをクリックすることで各アラームの詳細を確認できます。


[Nodes]ページの[Overview]タブ

[Hardware]タブの例

[Hardware]タブには、各ノードのCPU利用率とメモリの情報が表示されます。


[Nodes]ページの[Hardware]タブ

別の時間間隔を表示するには、チャートまたはグラフ上にあるコントロールのいずれかを選択します。

[Network]タブの例

[Network]タブには、ノードのネットワーク トラフィックの推移を示すグラフが表示されます。

このネットワーク トラフィックのグラフは、ノードのすべてのネットワーク インターフェイスのネットワーク トラフィックの合計量を示します。ノードへの通信は「Received」、ノードからの通信は「Sent」または「Transmit」です。


[Nodes]ページの[Network]タブ

別の時間間隔を表示するには、チャートまたはグラフ上にあるコントロールのいずれかを選択します。

[Storage]タブの例

どのタイプのノードでも[Nodes]ページに[Storage]タブがありますが、このタブの情報はノードのタイプによって異なります。
  • 管理ノード、アーカイブ ノード、ゲートウェイ ノードの場合は、そのノードのディスク デバイスとボリュームのリストが表示されます。
  • ストレージ ノードの場合は、そのノードのディスク デバイスとボリュームのリストに加え、データ ストレージとメタデータ ストレージの使用量の推移を示すグラフも表示されます。

[Nodes] > [Admin Node] > [Storage]タブ

[Events]タブの例

[Events]タブには、トラブルシューティングに役立つシステム イベントが表示されます。[Last Event]には、エラー発生時の重要な領域が示されます。問題を解決したら、[Reset event counts]をクリックしてカウントを0に戻します。詳細については、トラブルシューティングに関する情報を参照してください。
注:イベント数をリセットするには、Grid Topology Page Configuration権限が有効なグループに属するユーザである必要があります。

[Nodes]ページの[Events]タブ