バックグラウンド検証とは

バックグラウンド検証プロセスは、ストレージ ノードにオブジェクト データの破損コピーがないかどうかを自動的かつ継続的にチェックし、問題が見つかった場合は自動的に修復を試行します。

バックグラウンド検証は、レプリケート オブジェクト データとイレイジャー コーディング オブジェクト データ両方の整合性をチェックします。

バックグラウンド検証でレプリケート オブジェクト データのコピーの破損が検出された場合、破損したコピーはその場所から削除され、ストレージ ノード上の他の場所に隔離されます。その後、ストレージ ノードのLDRサービスから、新しい破損していないコピーを作成する要求がDDSサービスに送信されます。DDSサービスは、既存のコピーに対してILMを評価することにより、この要求を処理します。破損したオブジェクトはすでに想定される場所に存在しないため、このオブジェクトに関して現在のILMポリシーは満たされていないという結果となります。そのため、システムのアクティブなILMポリシーに沿って新しいコピーが生成されて配置されます。配置先は破損したコピーがあった場所と同じではない場合があります。破損したオブジェクト データは、引き続きアクセスできるように、システムから削除されるのではなく隔離されます。隔離されたオブジェクト データへのアクセス方法については、テクニカル サポートにお問い合わせください。

バックグラウンド検証でイレイジャー コーディング オブジェクト データのフラグメントの破損が検出された場合、StorageGRID Webscaleシステムは、自動的にそのコピーの残りのフラグメントを使用して同じストレージ ノード上に欠落フラグメントの再構築を試みます。破損したフラグメントを再構築できなかった場合は、「Corrupt Copies Detected (ECOR)」属性の値が1つ増え、オブジェクトの別のコピーを読み出そうとします。読み出しに成功すると、ILM評価が実行されて、イレイジャー コーディング オブジェクト データの置き換え用のコピーが作成されます。

別のコピーが見つからないため、バックグラウンド検証が破損したオブジェクトを置き換えることができない場合は、LOST(Lost Objects)アラームがトリガーされます。

バックグラウンド検証は、通常のシステム アクティビティを妨げないように設定された間隔で継続的に実行されます。バックグラウンド検証を停止することはできません。ただし、問題があると疑われる場合は、バックグラウンド検証の回数を増やして、ストレージ ノードの内容をより迅速に検証することができます。

バックグラウンド検証はアーカイブ ノード上では実行されません。