例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する

この例では、ポリシーをシミュレートしてポリシー内のルールを修正し、シミュレーションを続行する方法を示します。

タスク概要

この例では、「Demo」ポリシーをシミュレートします。このポリシーの目的はseries=x-menユーザ メタデータを含むオブジェクトを検索することです。ところがBeast.jpgオブジェクトに対してシミュレートしたところ予期しない結果が生じ、 オブジェクトが「X-men」メタデータ ルールではなくデフォルト ルールである「Make 2 Copies」に一致しました。


例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する

テスト オブジェクトがポリシー内の想定したルールに一致しない場合は、ポリシー内の各ルールを調べてエラーを修正する必要があります。

手順

  1. ポリシー内の各ルールについて、ルールが表示されているダイアログ ボックス上のルール名または詳細アイコン(詳細アイコン)をクリックしてルールの設定を表示します。
  2. ルールのテナント アカウント、参照時間、およびフィルタ条件を確認します。
    この例では、「X-men」ルールのメタデータにエラーがあります。「x-men」ではなく「x-men1」というメタデータ値が入力されていました。


    例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する

  3. このエラーを解決するには、次のようにこのルールを修正します。
    • このルールがドラフト ポリシーに含まれている場合は、ルールをクローニングするか、ポリシーから削除してポリシーを編集します。
    • ルールがアクティブ ポリシーに含まれている場合は、ルールをクローニングする必要があります。アクティブ ポリシーのルールは編集または削除することはできません。
    方法 説明
    ルールをクローニングする
    1. [ILM] > [Rules]を選択します。
    2. 間違ったルールを選択し、[Clone]をクリックします。
    3. 間違った情報を変更し、[Save]をクリックします。
    4. [ILM] > [Policies]を選択します。
    5. ドラフト ポリシーを選択し、[Edit]をクリックします。
    6. [Select Rules]をクリックします。
    7. 新しいルールのチェック ボックスをオンにし、元のルールのチェック ボックスをオフにしてから、[Apply]をクリックします。
    8. [Save]をクリックします。
    ルールを編集する
    1. ドラフト ポリシーを選択し、[Edit]をクリックします。
    2. 削除アイコン(削除アイコン)をクリックして間違ったルールを削除し、[Save]をクリックします。
    3. [ILM] > [Rules]を選択します。
    4. 間違ったルールを選択し、[Edit]をクリックします。
    5. 間違った情報を変更し、[Save]をクリックします。
    6. [ILM] > [Policies]を選択します。
    7. ドラフト ポリシーを選択し、[Edit]をクリックします。
    8. 修正したルールを選択して[Apply]をクリックし、[Save]をクリックします。
  4. もう一度シミュレーションを実行します。
    注:ルールを編集するために[ILM Policies]ページから移動したため、シミュレーション用に入力していたオブジェクトは表示されません。オブジェクトの名前を再入力する必要があります。
    この例では、修正した「X-men」ルールがseries=x-menユーザ メタデータに基づいてBeast.jpgオブジェクトに想定どおりに一致します。


    例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する