アーカイブ ノードとは

アーカイブ ノードは、オブジェクト データの長期保存先として外部アーカイブ ストレージ システムを設定するインターフェイスとして機能します。また、この接続、およびStorageGRID Webscaleシステムとターゲットの外部アーカイブ ストレージ システム間でのオブジェクト データ転送も監視します。

アーカイブ ノードの概要

削除はできないが定期的にはアクセスされないオブジェクト データは、ストレージ ノードの回転式ディスクから、クラウドやテープなどの外部アーカイブ ストレージへいつでも移動できます。オブジェクト データをこのようにアーカイブ処理するには、データセンター サイトのアーカイブノードを設定し、次にこのアーカイブ ノードをコンテンツ配置手順の「ターゲット」として選択したILMルールを設定します。アーカイブ ノードは、アーカイブされたオブジェクト データ自体の管理は行いません。これは外部アーカイブ デバイスによって行われます。

注:オブジェクト メタデータはアーカイブされず、ストレージ ノード上に残ります。