格納オブジェクトの圧縮の設定

[Stored Object Compression]グリッド オプションを使用すると、StorageGRID Webscaleに格納されているオブジェクトのサイズを小さくして、オブジェクトによるストレージ使用量を削減できます。

開始する前に

タスク概要

[Stored Object Compression]グリッド オプションは、デフォルトでは無効になっています。このオプションを有効にすると、StorageGRID Webscaleは、ロスレス圧縮を使用して各オブジェクトを保存時に圧縮します。
注:この設定を変更すると、1分程度で新しい設定が適用されます。設定した値は、パフォーマンスと拡張用にキャッシュされます。
この設定を有効にする前に、次の点に注意してください。
  • StorageGRID Webscaleにオブジェクトを保存するアプリケーションでは、オブジェクトを圧縮してから保存する場合があります。クライアント アプリケーションによって、StorageGRID Webscaleに保存する前にすでにオブジェクトが圧縮されている場合は、[Stored Object Compression]を有効にしてもオブジェクトのサイズがさらに縮小されることはありません。
  • [Stored Object Compression]グリッド オプションが有効になっている場合は、S3およびSwiftクライアント アプリケーションで、返されるバイト数の範囲を指定するGET Object処理を実行しないようにする必要があります。StorageGRID Webscaleでは、要求されたバイトにアクセスするためにオブジェクトの圧縮を解除する必要があるため、このような「範囲を指定した読み取り」処理は効率的ではありません。非常に大きなオブジェクトから小さい範囲のバイト数を要求するGET Object処理は特に効率が悪く、たとえば、50GBの圧縮オブジェクトから10MBの範囲を読み取る処理は非効率的です。

    圧縮オブジェクトから範囲を読み取ると、クライアント要求がタイムアウトになる場合があります。

    注:オブジェクトを圧縮する必要があり、クライアント アプリケーションが範囲読み取りを使用する必要がある場合は、そのアプリケーションの読み取りタイムアウトを増やしてください。

手順

  1. [Configuration] > [Grid Options]を選択します。
  2. [Grid Options]メニューから[Configuration]を選択します。
  3. [Stored Object Compression]を[Enabled]に変更します。

    [Stored Object Compression]を[Enabled]に設定した状態
  4. [Apply Changes]をクリックします。