準拠のためのILMルール2の例:非準拠ルール

この例のILMルールでは、2つのレプリケート オブジェクト コピーがストレージ ノードに1年間格納されます。その期間が過ぎると、オブジェクト コピーの1つをアーカイブ ノードに移して無期限に格納します。このルールではアーカイブ ノードを使用し、1つのオブジェクト コピーのみを365日目から無期限に格納するため、非準拠となり、S3準拠バケットのオブジェクトには適用されません。

ルール定義 値の例
ルール名 Non-Compliant Rule: One Copy on Archive Nodes
テナント アカウント 指定なし
バケット名 未指定だが、非準拠バケットのみに適用

非準拠ルールのスクリーンショット:アーカイブ ノード上に1つのコピー
ルール定義 値の例
参照時間 Ingest Time
配置
  • 0日目から、2つのレプリケートされたコピーをデータセンター1とデータセンター2のストレージ ノードに365日間格納
  • 365日目からは、レプリケートされたコピーの1つをアーカイブ ノードに無期限に格納、一時コピーをデータセンター1に格納


非準拠ルールアーカイブ手順2の例のスクリーンショット