CIFS監査共有からのユーザまたはグループの削除

監査共有にアクセス可能な最後のユーザまたはグループを削除することはできません。

開始する前に

タスク概要

CIFS / Sambaを使用した監査エクスポートは、StorageGRID Webscale 11.1で廃止され、StorageGRID Webscaleの将来のリリースで削除される予定です。詳細については、StorageGRID Webscaleのアップグレードに関する情報を参照してください。

手順

  1. サービス ラップトップから、プライマリ管理ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@primary_Admin_Node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. CIFS設定ユーティリティを起動します。config_cifs.rb
    ---------------------------------------------------------------------
    | Shares                 | Authentication         | Config          |
    ---------------------------------------------------------------------
    | add-audit-share        | set-authentication     | validate-config |
    | enable-disable-share   | set-netbios-name       | help            |
    | add-user-to-share      | join-domain            | exit            |
    | remove-user-from-share | add-password-server    |                 |
    | modify-group           | remove-password-server |                 |
    |                        | add-wins-server        |                 |
    |                        | remove-wins-server     |                 |
    ---------------------------------------------------------------------
  3. ユーザまたはグループの削除を開始します。remove-user-from-share
    管理ノードで使用可能な監査共有に番号が振られ、リストに表示されます。監査共有には「audit-export」というラベルが付けられています。
  4. 監査共有の番号を入力します。audit_share_number
  5. プロンプトが表示されたら、ユーザまたはグループのどちらを削除するかを選択します。userまたはgroup
    監査共有のユーザまたはグループに番号が振られ、リストに表示されます。
  6. 削除するユーザまたはグループに対応する番号を入力します。number
    監査共有が更新され、削除したユーザまたはグループは監査共有にアクセスできなくなります。次に例を示します。
    Enabled shares
     1. audit-export
    Select the share to change: 1
    Remove user or group? [User/group]: User
    Valid users for this share 
    1. audituser 
    2. newaudituser
    Select the user to remove: 1
    
    Removed user "audituser" from share "audit-export".
    
    Press return to continue.
  7. CIFS設定ユーティリティを閉じます。exit
  8. StorageGRID Webscale環境で他のサイトに管理ノードが含まれている場合は、必要に応じて各サイトで監査共有を無効にします。
  9. 設定が完了したら、各コマンド シェルからログアウトします。exit