移行が処理に及ぼす影響

StorageGRID Webscaleシステムは、オブジェクトを効率的に格納して読み出せるようにすること、およびオブジェクト データとメタデータの冗長コピーをシームレスに作成することでデータ損失に対する優れた保護を提供することを目的に設計されています。

ただし、データの移行については、日常的なシステム処理に影響が及ばないように、または極端なケースではStorageGRID Webscaleシステムに障害が発生してデータが失われないように、本章で説明する手順に従って慎重に管理する必用があります。

大量のデータを移行すると、システムに新たな負荷が生じます。StorageGRID Webscaleシステムの負荷が高くなると、オブジェクトの格納および読み出し要求への応答が遅くなります。その結果、日常業務に不可欠な格納および読み出し要求が影響を受ける可能性があります。移行によって、その他の運用上の問題が生じる可能性もあります。たとえば、ストレージ ノードの容量が上限に近づいている場合は、一括取り込みによって断続的に大きな負荷がかかると、ストレージ ノードの状態が読み取り専用と読み書き可能の間で何度も切り替わり、そのたびに通知が生成されます。

負荷の高い状態が続く場合、オブジェクト データとメタデータの完全な冗長性を確保するためにStorageGRID Webscaleシステムが実行する必要のあるさまざまな処理が、キューに溜まっていきます。

データの移行中もStorageGRID Webscaleシステムを安全かつ効率的に運用するためには、本書のガイドラインに従って慎重に移行を管理する必要があります。データの移行にあたっては、オブジェクトを複数のバッチで取り込むか、または取り込み量を常に調整します。そのうえで、StorageGRID Webscaleシステムを常時監視し、さまざまな属性値が超えようにします。システムへのデータ移行レートは、StorageGRID Webscaleでは制御できません。