管理ノードの冗長性

StorageGRID Webscaleシステムには複数の管理ノードを含めることができます。これにより、複数のIPアドレスからStorageGRID Webscaleシステムにサインインしてさまざまな監視および設定手順を実行できる、冗長な環境が実現します。

管理ノードが複数あると、1つの管理ノードに障害が発生した場合に、StorageGRID Webscaleシステムを継続的に監視して設定することができます。1つの管理ノードが使用できなくなった場合、Webクライアントは使用可能な他の管理ノードに再接続して、引き続きシステムを表示および設定できます。その間、属性の処理は続行され、アラームは引き続きトリガーされ、関連する通知が送信されます。ただし、複数の管理ノードを使用しても、通知とAutoSupportメッセージ以外のフェイルオーバー保護は提供されません。ある管理ノードからのアラームの確認応答は他の管理ノードにはコピーされません。
管理ノードの冗長性を示す図