アプライアンスのネットワーク接続の確認

StorageGRID Webscaleアプライアンスをインストールする前に、アプライアンスに接続できるネットワークを確認し、各コントローラのポートがどのように使用されるかを把握する必要があります。

StorageGRID Webscaleアプライアンスのネットワーク

StorageGRID WebscaleアプライアンスをStorageGRID Webscaleグリッドのストレージ ノードとして導入する場合は、次のネットワークに接続できます。
注:StorageGRID Webscaleのネットワークの詳細については、ご使用のプラットフォームでのStorageGRID Webscaleインストール手順を参照してください。

StorageGRID Webscaleアプライアンスの接続

StorageGRID Webscaleアプライアンスをインストールするときは、2台のコントローラを相互に接続するとともに、必要なネットワークに接続する必要があります。次の図はSG5660の2台のコントローラを示しています(上がE2700コントローラで、下がE5600SGコントローラ)。SG5612では、E2700コントローラE5600SGコントローラの左側にあります。


接続を示すSG5660の背面図
項目 ポート ポートのタイプ 機能
1 E2700コントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E2700コントローラSANtricity Storage Managerがインストールされているネットワークに接続します。
2 E2700コントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE2700コントローラをサービス ラップトップに接続します。
3 各コントローラの2つのSASインターコネクト ポート(Ch 1とCh 2)

E2700コントローラ:mini-SAS-HD

E5600SGコントローラ:mini-SAS

2台のコントローラを相互に接続します。
4 E5600SGコントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続します。
5 E5600SGコントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 取り付け時にE5600SGコントローラをサービス ラップトップに接続するために使用できます(DHCPによって割り当てられたIPアドレスがない場合)。
6 E5600SGコントローラの4つのネットワーク ポート 10GbE(光ファイバ) StorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワークに接続します。「E5600SGコントローラでの10GbEポート接続」を参照してください。