E2700コントローラのIPアドレスの設定

サービス ラップトップでSANtricity Storage Managerを使用して、E2700コントローラの管理ポートのIPアドレスを設定することができます。DHCPを使用して取得したIPアドレスを使用してE2700コントローラにアクセスした場合は、次の手順に従って静的IPアドレスを設定する必要があります。

開始する前に

SANtricity Storage Managerをインストール済みのサービス ラップトップが必要です。

タスク概要

詳しい手順については、SANtricity Storage Managerのドキュメントを参照してください。
注意:StorageGRID Webscaleアプライアンスのハードウェアやコントローラ ファームウェアへの管理接続が失われる事態を防ぐために、このセクションの手順に従ってE2700コントローラの静的IPアドレスを設定することを強く推奨します。

手順

  1. SANtricity Storage Managerで、[Devices]タブをクリックします。
  2. [Devices]タブで、新しく追加したアレイをダブルクリックします。
  3. [Hardware]タブをクリックします。
  4. Array Management Windowの[Hardware]ペインで、[Controller A, Port 1]をハイライト表示します。
  5. Array Management Windowで、[Hardware]メニューから[Controller] > [Configure] > [Configure Management Ports]を選択します。

    SANtricityの[Change Network Configuration]ページ
  6. コントローラAのポート1のIPアドレスを管理IPアドレス、ゲートウェイ、およびサブネット マスクに変更します。
    1. [Speed and duplex mode]ドロップダウン リストから[Auto-negotiate]を選択します。
      管理ネットワークのイーサネット スイッチが自動ネゴシエーションに設定されていることも確認する必要があります。SANtricity Storage Managerで自動ネゴシエーションを選択した場合、イーサネット スイッチに対しても設定しておかないと、接続の問題が発生する可能性があります。
    2. ネットワーク構成の形式に応じて、[Enable IPv4][Enable IPv6]のいずれかまたは両方のボックスを選択します。
    3. [Specify configuration]を選択し、コントローラAのポート1のIPアドレスをルーティング可能な管理IPアドレス、ゲートウェイ、およびサブネット マスクに変更します。
    4. [OK]をクリックします。
  7. 設定を変更したら、サービス ラップトップではなく外部のラップトップからIPアドレスのpingを実行します。
    pingの応答が返されるまでに数分かかることがあります。
  8. pingからIPデータが返されたら、イーサネット ケーブルをサービス ラップトップから取り外し、コントローラから管理ネットワークに接続します。
  9. SANtricity Storage Managerで、新たに追加したストレージ アレイを削除し、ポート1の新しいIPアドレスを使用して再度追加します。