オプション:RAID 6モードへの変更(SG5660のみ)

60ドライブのSG5660を使用する場合は、ボリューム構成をデフォルトかつ推奨の設定であるDynamic Disk Pools(DDP)からRAID 6に変更できます。モードを変更できるのは、StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードを導入する前だけです。

開始する前に

注意:ボリュームがすでに構成されている場合やStorageGRID Webscaleが事前にインストールされている場合にRAIDモードを変更すると、ボリュームの除去や置換が行われます。対象となったボリュームのデータはすべて失われます。

タスク概要

StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードを導入する前に、ボリューム構成オプションを次の2つから選択できます。

手順

  1. サービス ラップトップでWebブラウザを開き、StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラにアクセスします。http://E5600SG_Controller_IP:8080

    E5600SG_Controller_IP には、E5600SGコントローラのいずれかのIPアドレスを指定します。

  2. メニュー バーで、[Advanced] > [RAID Mode]を選択します。
  3. [Configure RAID Mode]ページで、[Mode]ドロップダウン リストから[RAID6]を選択します。
  4. [Save]をクリックします。