アプライアンスのケーブル接続

2台のコントローラをSASインターコネクト ケーブルで相互に接続し、管理ポートを適切な管理ネットワークに接続し、E5600SGコントローラの10GbEポートをStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワーク(オプション)に接続する必要があります。

開始する前に

注意:
レーザー被ばくのリスク - SFPトランシーバを分解したり、部品を取り外したりしないでください。レーザー被ばくのおそれがあります。

タスク概要

ケーブルを接続する際は、次の図を参考にしてください。上がE2700コントローラで、下がE5600SGコントローラです。この図はSG5660モデルのものです。SG5612モデルでは、コントローラが上下ではなく左右に並んでいます。
ケーブル配線図
項目 ポート ポートのタイプ 機能
1 E2700コントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E2700コントローラをSANtricity Storage Managerがインストールされているネットワークに接続します。
2 E2700コントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE2700コントローラをサービス ラップトップに接続します。
3 各コントローラの2つのSASインターコネクト ポート(Ch 1とCh 2)

E2700コントローラ:mini-SAS-HD

E5600SGコントローラ:mini-SAS

2台のコントローラを相互に接続します。
4 E5600SGコントローラの管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続します。
5 E5600SGコントローラの管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット 設置時にE5600SGコントローラをサービス ラップトップに接続します。
6 E5600SGコントローラの4つのネットワーク ポート 10GbE(光ファイバ) E5600SGコントローラStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワーク(使用している場合)に接続します。ポートをボンディングしてコントローラへの冗長パスを構成できます。

手順

  1. 2本のSASインターコネクト ケーブルを使用して、E2700コントローラE5600SGコントローラに接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E2700コントローラのSASインターコネクト ポート1(Ch 1) E5600SGコントローラのSASインターコネクト ポート1(Ch 1)
    E2700コントローラのSASインターコネクト ポート2(Ch 2) E5600SGコントローラのSASインターコネクト ポート2(Ch 2)
    正方形のコネクタ(mini-SAS HD)をE2700コントローラに接続し、長方形のコネクタ(mini-SAS)をE5600SGコントローラに接続します。
    注意:SASコネクタのプルタブを下にして、各コネクタをカチッという音がするまで慎重に差し込んでください。コネクタがスムーズに入らないときは、無理に押し込まず、 プルタブの位置を確認してからもう一度試してください。
  2. イーサネット ケーブルを使用して、E2700コントローラをSANtricity Storage Managerソフトウェアがインストールされている管理ネットワークに接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E2700コントローラのポート1(左側のRJ-45ポート) SANtricity Storage Manager用の管理ネットワークのスイッチ ポート
    E2700コントローラのポート2 DHCPを使用していない場合はサービス ラップトップ
  3. StorageGRID Webscaleの管理ネットワークに接続する場合は、イーサネット ケーブルを使用して、E5600SGコントローラを接続します。
    接続するポート 接続先のポート
    E5600SGコントローラのポート1(左側のRJ-45ポート) StorageGRID Webscaleの管理ネットワークのスイッチ ポート
    E5600SGコントローラのポート2 DHCPを使用していない場合はサービス ラップトップ
  4. E5600SGコントローラの10GbEポートを、光ケーブルとSFP+トランシーバを使用して適切なネットワーク スイッチに接続します。
    • 固定ポート ボンディング モード(デフォルト)を使用する場合は、次の表のように各ポートをStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークまたはクライアント ネットワークに接続します。
      ポート 接続先
      ポート1 クライアント ネットワーク(オプション)
      ポート2 グリッド ネットワーク
      ポート3 クライアント ネットワーク(オプション)
      ポート4 グリッド ネットワーク
    • アグリゲート ポート ボンディング モードを使用する場合は、1つ以上のネットワーク ポートを1つ以上のスイッチに接続します。単一点障害を回避するために、4つのポートの少なくとも2つを接続する必要があります。1つのLACPボンドに複数のスイッチを使用する場合は、スイッチがMLAGまたは同等の機能をサポートしている必要があります。