固定ポート ボンディング モード

固定ポート ボンディング モードは、10GbEポートのデフォルトの設定です。


固定ポート ボンディング モードで使用されるポート
コールアウト ボンディングされるポート
C ポート1と3がクライアント ネットワーク(使用される場合)用にボンディングされます。
G ポート2と4がグリッド ネットワーク用にボンディングされます。
固定ポート ボンディング モードを使用する場合は、アクティブ / バックアップ モードまたはLink Aggregation Control Protocol(LACP;リンク アグリゲーション制御プロトコル)(802.3ad)モードを使用してポートをボンディングできます。
注:冗長な接続が不要である場合は、各ネットワークでポートを1つだけ使用できます。ただし、StorageGRID Webscaleをインストールしたあとにケーブルが取り外されていることを通知するアラームがGrid Managerで生成されるので注意してください。このアラームは確認後に解除してかまいません。