E2700コントローラの交換

E2700コントローラが適切に機能しない場合や障害が発生した場合は、交換が必要となることがあります。

開始する前に

次のものを用意します。

タスク概要

コントローラの保守操作要を示す黄色のLED(図中の1)を見ると、コントローラに障害が発生したかどうかを確認できます。このLEDが点灯している場合は、コントローラを交換する必要があります。
E2700コントローラの保守操作要を示すLED

コントローラを交換すると、アプライアンス ストレージ ノードにアクセスできなくなります。E2700コントローラが動作している場合は、E5600SGコントローラをメンテナンス モードにすることができます。

コントローラを交換するときは、元のコントローラからバッテリを取り外し、交換用コントローラに取り付ける必要があります。

手順

  1. コントローラを取り外す準備をします。
    SANtricity Storage Managerを使用して以下の手順を実行します。
    1. コントローラに現在インストールされているSANtricity OSソフトウェアのバージョンを書き留めます。
    2. 現在インストールされているNVSRAMのバージョンを書き留めます。
    3. ドライブ セキュリティ機能が有効になっている場合は、保存されたキーが存在することと、そのインストールに必要なパス フレーズを確認します。
      注意:データ アクセスが失われる可能性 - アプライアンスのすべてのドライブでセキュリティが有効になっている場合は、SANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Windowを使用してセキュリティ保護されたドライブのロックを解除するまで、新しいコントローラはアプライアンスにはアクセスできません
    4. 構成データベースをバックアップします。
      コントローラを取り外す際に問題が発生した場合は、保存したファイルを使用して構成をリストアできます。
    5. アプライアンスのサポート データを収集します。
      注:コンポーネントを交換する前後にサポート データを収集しておけば、交換しても問題が解決しない場合に、テクニカル サポートにすべてのログを送信できます。
  2. StorageGRID WebscaleアプライアンスをStorageGRID Webscaleシステムで実行中の場合は、E5600SGコントローラをメンテナンス モードにします。
    1. サービス ラップトップから、グリッド ノードにログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
    2. StorageGRID Webscaleのすべてのサービスを停止します。service servermanager stop
    3. E5600SGコントローラをメンテナンス モードにします。sgamaintenance
      サービス ラップトップに以下のメッセージが表示されます。
      WARNING: All StorageGRID Webscale services on this node will be shut down.
      
      WARNING: You will have to manually exit maintenance mode before this node will resume normal operation.
      
      After running this command and waiting a few minutes for the node to reboot, browse to one of the following URLs to perform any
      maintenance actions, then exit maintenance mode:
      
      http://192.168.4.138:8080
      http://10.224.4.138:8080
      http://47.47.4.138:8080
      http://169.254.0.1:8080
      
      Are you sure you want to continue (y/n)?
  3. yを入力して継続するか、nを入力してメンテナンス モードをキャンセルします。

    E5600SGコントローラをメンテナンス モードにすると、E2700コントローラへの接続が中断され、E2700コントローラを交換できるようになります。

    yキーを押すと、アプライアンスがリブートされます。これには2~3分かかります。
  4. sgamaintenanceコマンドの出力に表示されるURLのいずれかを参照して、StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラにアクセスします。
  5. インストーラのホーム ページでメンテナンス モードのメッセージを確認し、アプライアンスがメンテナンス モードであることを確認します。
    メンテナンス モードのメッセージ
    注:http://169.254.0.1:8080にアクセスするには、サービス ラップトップをE5600SGコントローラの管理ポート2(右側のRJ-45ポート)に直接接続する必要があります。
    注:このメンテナンス手順を完了したら、StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラを使用して、アプライアンスを通常の動作モードに戻す必要があります。ネットワーク ファイアウォールや他のネットワークの問題によって、インストーラへのアクセスが妨げられないようにしてください。必要があれば、システム管理者にサポートを依頼してください。
  6. E2700コントローラが動作していて通常の方法でシャットダウンできる場合は、すべての処理が完了していることを確認します。
    1. Array Management Windowのタイトル バーで、[Monitor] > [Reports] > [Operations in Progress]を選択します。
    2. すべての処理が完了していることを確認します。
  7. シンプレックスE2700コントローラの交換手順に従って、次のステップを実行します。
    1. ケーブルにラベルを付け、ケーブルを外します。
      注意:パフォーマンスの低下を防ぐためにも、ケーブルをねじったり、折り曲げたり、はさんだり、踏みつけたりしないでください。
    2. 障害が発生したコントローラをアプライアンスから取り外します。
    3. コントローラのカバーを取り外します。
    4. つまみねじを外して、障害が発生したコントローラからバッテリを取り外します。
    5. 交換用コントローラにバッテリを取り付け、コントローラ カバーを元の位置に戻します。
    6. 交換用コントローラをアプライアンスに取り付けます。
    7. ケーブルを交換します。
    8. E2700コントローラがリブートするまで待ちます。デジタル表示ディスプレイに99という状態が表示されます。
  8. アプライアンスでセキュリティ保護されたドライブを使用する場合は、ドライブのセキュリティ キーをインポートします。
  9. StorageGRID Webscaleアプライアンスを通常の動作モードに戻します。
    1. 手順4でアクセスしたものと同じURLを参照します。
    2. StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラ ユーザ インターフェイスで、[Advanced] > [Reboot Controller]を選択し、[Reboot Controller]をクリックします。

      [Reboot Controller]オプション
      アプライアンスがリブートし、グリッドに再度参加します。このプロセスには15分程度かかる場合があります。
    3. E5600SGコントローラのデジタル表示ディスプレイに、HAという状態が表示されるまで待ちます。
  10. Grid Managerで、アプライアンス ストレージ ノードのステータスを監視します。
    アプライアンスが「緑」のステータスに戻っていることを確認します。次に例を示します。
    Grid Managerの[Nodes]ページで、ストレージ ノードのステータスが「緑」
  11. SANtricity Storage Managerで、新しいコントローラのステータスがOptimalであることを確認し、サポート データを収集します。