AutoSupportの設定

AutoSupportツールは、アプライアンスからカスタマー サポート バンドルのデータを収集し、テクニカル サポートに自動的に送信します。AutoSupportを設定すると、トラブルシューティングや問題の分析をテクニカル サポートがリモートから行えるようになります。

開始する前に

タスク概要

すべてのデータが単一のアーカイブ ファイル(.7z形式)に圧縮されて、指定した場所に格納されます。

AutoSupportのメッセージの種類は次のとおりです。

メッセージの種類 説明
イベント メッセージ
  • 管理対象のアプライアンスでサポート イベントが発生したときに送信されます。
  • システムの構成と診断情報が含まれます。
日次メッセージ
  • 1日に1回、ユーザが設定した時刻(アプライアンスのローカル時間)に送信されます。
  • 最新のシステム イベント ログとパフォーマンス データが含まれます。
週次メッセージ
  • 週に1回、ユーザが設定した時刻(アプライアンスのローカル時間)に送信されます。
  • システムの構成と状態の情報が含まれます。

手順

  1. SANtricity Storage ManagerのEnterprise Management Windowで、[Devices]タブを選択し、[Discovered Storage Arrays]を選択します。
  2. [Tools] > [AutoSupport] > [Configuration]を選択します。
  3. SANtricity Storage Managerのオンライン ヘルプを必要に応じて参照しながら、タスクを完了します。