IDEL:ILM Initiated Delete

このメッセージは、ILMによってオブジェクトを削除する処理が開始された場合に生成されます。

IDELメッセージは、次のいずれかの状況で生成されます。
コード フィールド 説明
CBID Content Block Identifier オブジェクトのCBID。
CMPA Compliance: Auto delete 準拠S3バケット内のオブジェクトのみが対象。0(false)または1(true)。保持期間が終了したときに、準拠オブジェクトが自動的に削除されるかどうかを示します。ただし、バケットがリーガル ホールドの対象である場合を除きます。
CMPL Compliance: Legal hold 準拠S3バケット内のオブジェクトのみが対象。0(false)または1(true)。バケットが現在リーガル ホールドの対象であるかどうかを示します。
CMPR Compliance: Retention period 準拠S3バケット内のオブジェクトのみが対象。オブジェクトの保持期間の長さ(分)。
CTME Compliance: Ingest time 準拠S3バケット内のオブジェクトのみが対象。オブジェクトの取り込み時間。この値に保持期間(分単位)を追加して、オブジェクトをバケットから削除できるタイミングを決定できます。
FSIZ File size オブジェクトのサイズ(バイト)。
LOCS Locations StorageGRID Webscaleシステム内のオブジェクト データの格納場所。オブジェクトに場所がない場合(削除されている場合など)、LOCSの値は""です。

CLEC:イレイジャー コーディングされたオブジェクトの場合、オブジェクトのデータに適用されているイレイジャー コーディング プロファイルIDとイレイジャー コーディング グループID。

CLDI:レプリケートされたオブジェクトの場合、オブジェクトの場所のLDRノードIDとボリュームID。

CLNL:オブジェクト データがアーカイブされている場合は、オブジェクトの場所のARCノードID。

PATH S3 Bucket/Key or Swift Container/Object ID S3バケット名とS3キー名、またはSwiftコンテナ名とSwiftオブジェクト識別子。
RSLT Result ILM処理の結果。

SUCS:ILM処理が成功しました。

RULE Rules Label
  • 保持期間が経過したために準拠S3バケット内のオブジェクトが自動的に削除されている場合、このフィールドは空白になります。
  • 現在オブジェクトに適用される配置手順がないためにオブジェクトが削除されている場合、このフィールドには、オブジェクトに適用された最後のILMルールの判読可能なラベルが表示されます。

UUID Universally Unique Identifier StorageGRID Webscaleシステム内でのオブジェクトの識別子。