SADE:Security Audit Enable

このメッセージは、元のサービス(ノードID)が監査メッセージのロギングをリストアしたことを示します。監査メッセージの収集や配信は再開されています。

コード フィールド 説明
AETM Enable Method 監査を有効にするために使用されたメソッド。
AEUN User Name 監査ロギングを有効にするコマンドを実行したユーザ名。
RSLT Result このフィールドの値はNONEです。RSLTは必須のメッセージ フィールドですが、このメッセージには該当しません。このメッセージがフィルタリングされないように、「SUCS」ではなく「NONE」が使用されます。

このメッセージは、以前は無効(SADD)だったロギングが現在は有効になっていることを示します。一般には、システムのパフォーマンスを向上させるために一括取り込み時にのみ実行される処理です。一括アクティビティ後に監査がリストアされ、監査を無効にする機能は永続的にブロックされます。